TOP>「ネット系葬祭業者」でトラブル急増!  サイトマップ

◆「ネット系葬祭業者」でトラブル急増!
コロナ過もあり、インターネットで葬儀社を探す方も多いと思います。検索の結果、最初の方に「○○な(の)お葬式」という「ネット系葬祭業者」の広告が沢山表示されます。
最近は、この様な「葬儀社紹介サイト」が急増していますが、その内容は玉石混淆であり、トラブルも急増しています。特に「記載された価格以外の追加料金」など料金関連のトラブルが多く、本年(2021年)7月には、消費者庁が景品表示法違反で、大手ネット系葬祭業者に対し、約1億円の課徴金納付命令を出す事態にまで発展しています。皆様も、「お葬式 インターネット広告 トラブル」等のワードで検索してみて下さい。多くのトラブル例が表示されます。
― 病院紹介の葬儀社に 葬儀まで依頼する必要は ありません―
日本では1970年代中ごろから病院で亡くなる方の数が大幅に増加しています。
病院でお亡くなりなった場合は、ご遺体を短時間でご自宅などに搬送しなければなりません。
そんなとき、病院紹介の葬儀社にお願いすると、後々料金や内容等でトラブルになる事が少なくありません。
― 結局は「地元の葬儀社」に相談するのが一番です。―
また、広告で表示されるサイトのほとんどが「葬儀社紹介サイト」であり、結局は、地元の葬儀社に依頼し、紹介手数料を受け取る事が仕事なのです。
それならば、最初から「地元で活動している葬儀社」に相談し、料金も含めた内容を事前に検討しておくことが重要です。
TOPご葬儀プランオンリーワンの生花祭壇と想い出コーナー家族葬邸宅 団欒団欒くらぶ「むくろじ」斎場のご案内
事前相談・無料お見積り・お問い合せお客様の声5つの特典情報誌むくろじ手元供養おもいで碑お葬式のアドバイスお葬式の費用
|お葬式のマナー・しきたり会社案内・地図個人情報保護方針特定商取引に基づく表示リンク